一口にイカ漁といっても、イカにはさまざまな種類があるのでそれぞれのイカの生態に合ったいろいろな漁のしかたが存在します。ここでは自動イカ釣り機を使う漁法以外のものを紹介します。

引っ掛け竿漁

夜に集魚灯を照らして、浮いてきたイカを先にいくつもの針のついた竿(さお)で引っかけて捕る漁法。
原始的な漁法だが、現在でも沖縄のトビイカ漁はこのやり方で行われている。

追い突き漁

もりというヤリのような道具で突いてイカを捕る漁法。隠岐のソデイカ漁や、九州南部で広く行われているアオリイカやコブシメなどの高級イカの漁がこの漁法で行われている。

イカひき漁

短い竿から垂らしたテグスの先に疑似餌をつけ、小舟でゆっくり引っぱりながらイカが跳びつくのを待つ漁法。日本ではアオリイカ・ヤリイカ・コウイカなどを捕るために一部で行われているが、実は東南アジアなどでも盛んに行われている漁法である。

定置網漁

岸近くに網を張り、沖から泳いできたイカを捕らえる漁法。富山湾のホタルイカの定置網が一番有名である。

底引き網漁

大きな網を船で引き、さまざまな魚を捕らえる漁法。
日本海のいたるところで行われている漁法で、イカではスルメイカ・ヤリイカ・コウイカなどがかかる。

イカかご漁


直径1メートル強、高さ50〜60センチメートルの網を張ったかごの中に木の枝を入れ、海底に沈めてイカを捕る漁法。イカがかごの中に入って木の枝に産卵をするので、そこを引き上げる。
熊本・鹿児島などでシリヤケイカ・コウイカ・アオリイカなどを捕るために行われる。
Copyright(c) 2002 全国調理食品工業協同組合北海道ブロック. All rights reserved.